加齢とともに気になってくるのが毛穴の開きはピーリングで対策

加齢とともに気になってくるのが毛穴の開きはピーリングで対策

加齢とともに気になってくるのが毛穴の開きではないでしょうか。

 

 

汚れが詰まってくると穴の頭にはブツブツとイチゴのような毛穴汚れが目立ち始め、化粧で隠そうとすればするほど目立ってしまう…という悩みを持つ女性は多いはずです。

 

 

 

そこで毛穴汚れに最適なのがピーリングです。このピーリングについては肌に刺激が大きすぎるだとか皮膚を傷つけてしなうなどという噂がありますが、それは使用頻度に気をつければ効果はしっかりあるのです。毎日洗顔フォームのように使用すると確かに皮膚に大きな負担がかかってしまいますが、週に1度くらいの使用であれば古い角質と毛穴汚れを落としてくれます。

 

 

 

さらにピーリングをした後は皮膚が乾燥した状態になりますのでパックなどでしっかり保湿をすることで毛穴がキュッと締まりぷるぷるの素肌に生まれ変わることができます。濡れた素肌に化粧水をすると効果が高いという噂が一時期流れていましたが、これは完全にNG。また、化粧水やパックをした後に乳液やクリームなどで水分をしっかり閉じ込めておかないと化粧水は「水」ですので乾燥してしまいます。

 

 

 

新聞紙に水をこぼした後、乾くとくしゃくしゃになってしまいますよね?肌もそれと同じ状況になってしまうのです。ですので、化粧水の後はしっかりと乳液やクリームで水分を閉じ込める必要があります。ピーリングからパックまたは化粧水、乳液、クリーム。ここまでで1セットとし1ヶ月試してみてください。ブツブツのイチゴ鼻が解消されるどころか?などの開いた毛穴も閉じてしっとり肌隣、手で触った感触が柔らかくなります。

 

 

 

ピーリングをする前にきちんと化粧を落としておくこともポイントです。ピーリングでは古い角質や毛穴汚れを落とすことはできますが、日焼け止めやファンデーションなどの脂分を落としてくれるわけではありません。また、化粧落としは洗顔できるタイプのものがオススメです。通常、クレンジングクリームやクレンジングオイルで化粧成分を溶かし、浮かせて落とすのですが拭き取るタイプですと化粧成分が浮き出る前にこすることで「肌に刷り込んでしまう」結果になるため、毛穴に汚れを詰め込んでしまう結果になってしまいます。

 

 

毎日のクレンジングと週に1度のピーリングで毛穴汚れのないもちもち素肌を手に入れましょう。