日焼け止めでシミのない美肌を手に入れよう

年齢や季節によって、化粧品を使う事でかぶれることもある

美肌を損なう理由はいろいろありますが、化粧品を使う事で起こるかぶれもその一つです。

 

 

ここではかぶれについて見ていく事にしましょう。

 

 

化粧品でかぶれる原因 

 

 

かぶれを起こす原因で一番多いのは洗浄製品を使った時です。またクリーム、美容液、化粧水、サンスクリーン剤など多種の化粧品にわたり、かぶれを引き起こす可能性があります。洗浄の時に強く擦り過ぎた後に化粧品を使ったり、正しい使用方法を守らないと、刺激反応が起きやすくなります。

 

 

例を出すと化粧品として消毒液を使うと、普通は刺激を感じて軽く火傷のような状態になりかぶれを起こします。このような状態になる事を一次刺激性接触皮膚炎と言います。基礎化粧品は一般に安全性は高い商品が多いです。しかし、間違えた使い方や自家製化粧品によるかぶれなどが刺激性化粧品皮膚炎の原因として多いとされています。

 

 

また洗顔は日常的に行う人が多くて、年齢や皮膚の状態などに合わせて洗顔方法を変える人は少ないです。常に刺激感があると次第に痒みに繋がります。それに擦る事が増えてきます。結果的に本格的にかぶれの症状を強めてしまいます。

 

 

年齢や季節などにより製品を見直す 

 

 

今では低刺激性の化粧品もたくさんあります。

 

 

にも関わらずにそれを使用してもかぶれが起きるのは、自分の皮膚状態を考慮していないからです。年齢や環境、季節によって、洗顔方法を変えたり化粧品も適切なものを使わないといけません。また、自分の皮膚と他人の皮膚は違います。ですから流行に飛びついていればそれでいいわけではありません。あくまでも自分の肌に合う化粧品を使う事が重要です。

 

 

また痒みが生じてしまった時にはそれを我慢するのは現実的には難しい事です。それ故に洗顔も念入りにしてしまいがちです。ですがこれではバリア機能を損ねます。結果的に刺激症状を強める事に繋がります。個人差はありますが、皮膚分泌機能が高い10代から30代まではダブル洗顔でも大丈夫です。しかし、30代から40代以降は乾燥時期には洗顔料を使わないようにするなど、工夫をしてみましょう。皮膚の健康を維持するためには、洗顔方法を考える事も重要です。