老化で肌の失われていく栄養分を補っていく方法

老化で肌の失われていく栄養分を補っていく方法

アラフォーになってからシミが気になり出したと思われている方もおられるかもしれません。

 

実際、10代20代の時は肌のキメも整っているし水分量は多い。肌の組織もしっかりしています。

 

ですが、実は医学的にも20歳から肌は老化が始まっていると言われています。毎日あびる紫外線やホコリ、汚れ、乾燥などの外的要因と、肌の中のコラーゲンやヒアルロン酸などの栄養分の減少が原因だと言われています。

 

毎日のケアを20歳の時から丁寧にしてあげると、その後の肌の状態が格段に違ってきます。

 

方法としては、紫外線や乾燥に気を付けること、たっぷりの睡眠やお酒やたばこを控える、ストレスに気を付ける、食生活など生活習慣の改善、肌の失われていく栄養分を補ってあげることがあげられます。具体的にご紹介していきましょう。

 

食物やサプリメントで補う

 

栄養分を補うには、食べ物やサプリメントで摂取できます。今、食生活で注意すべきだと注目されているのは「糖化」です。米、パン、甘い物等に含まれている糖質を摂りすぎると肌内部にあるたんぱく質と結合して肌が黄ばみ、透明感が失われていきます。「糖化」を抑えるために、炭水化物の摂りすぎや甘い物の摂りすぎに注意しましょう。

 

また体内の「悪玉活性酸素」が増えるとシミ、しわ、たるみなどの症状が現れます。「悪玉活性酸素」はストレスや食品添加物、喫煙、過労等が原因で増加します。これを防ぐには抗酸化物質を摂取することです。抗酸化物質はビタミンC,ビタミンA,ビタミンE、ポリフェノール、リコピン、カロテノイド、アスタキチンサンなどがあります。これを大量に食物で摂取するのは難しいのでサプリメントで補っても良いでしょう。

 

美容液で補う

 

20歳で美容液は早いのではないかと思われそうですが、じつはその年齢から始めるのは間違っていません。20歳から肌の栄養分は失われていきます。自分が目指す肌に合った美容成分が入った美容液を使いましょう。スキンケアの順番としては、クレンジング→洗顔料→化粧水→美容液→乳液・クリームの順番です。肌の乾燥が気になる方は、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、NMFなどが入った美容液が良いでしょう。シミが無い肌を作りたい方は美白成分のビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、ルシノール、コウジ酸、カミツレエキスなどが入った美容液、たるみが気になる方はコラーゲン、EGF,ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、フラーレン、レチノールなどが入った美容液がおススメです。

 

老化を遅らせ、年齢を重ねても綺麗な肌でいれるように早めのケアをしていくことが大切ですね。