外出先での保湿のための3つの裏技

外出先での保湿のための3つの裏技

 

ハンドクリームで瞬間パック

 

外出先で乾燥が気になるときの最も効果的な保湿方法です。ハンドクリームを手のひら全体に広げ、顔にのせます。手を顔にのせたままの状態で1分〜2分放置します。これだけです。時間のないときは30秒でもOKです。もちろん、化粧の上からでも効果が得られます。油分が顔から逃げる水分を閉じ込めてくれます。化粧直しの前後に行うと化粧ノリも良くなります。良い香りのハンドクリームだと香水いらずで気分も爽快です。ハンドクリームなら持ち運びにも便利なサイズなのですぐに真似してみてください。

 

マスクでミスト

 

外出先では、特に乾燥したところでは、マスク必須です。自分の息がマスク内にこもり、ミストに近い効果が得られます。映画館やショッピングモールだけでもつけておくと効果的です。濃い口紅を使っている方は、化粧直しの必要があるかもしれないので注意が必要ですが、かなり乾燥を防げます。マスクをとってすぐ化粧直しをすると、肌が潤っているので、化粧のりがとても良いです。化粧直しの直前に30分だけでもマスクをしておくと、乾燥してつっぱった肌が蘇ります。自身の息なので肌への負担ももちろんありません。

 

マスクは、バッグに潜ませておいて、いつでも取り出せるようにしておきましょう。ちなみに、風邪の予防もできて一石二鳥です。

 

試供品はとりあえず手にすりこむ

 

 

化粧品コーナーのある外出先なら、試供品がたくさんおいてあります。化粧水、乳液、ボディクリーム、ハンドクリーム、なんでもOKです。乾燥した手にすり込みましょう。これだけで全然違います。特に冬場の乾燥は頻繁に保湿しなければ防ぐことができません。化粧品コーナーに美白効果のあるものがあればラッキーです。

 

もちろん、必要以上に使ってはいけませんが、新商品を試す気持ちで少しだけ頂きましょう。手にとったクリームや化粧水が多すぎた場合は、そのまま顔へ、トントンとのせてもOKです。乾燥がつらい時期は、新作の物色がてら化粧品コーナーへ直行です。